環境への取り組み


環境方針

基本理念

物産不動産は不動産事業者として、環境問題を地球全体の課題であると共に、社会的責任と認識し、これへの対応を経営の重要課題の一つとして位置づける。


環境関連事項は中長期戦略に織り込み、指針スローガンである「技術とホスピタリティ」をもって良質な環境不動産とサービスの提供を、物産不動産グループとして継続的に推進する。環境保全に関する行動指針を下記の通り定める。


行動指針

  • 1) [法令順守] 事業活動にあたっては、環境保全に関する法令並びに当社が同意するその他の必要事項を遵守する。
  • 2) [地球温暖化防止] 事務所内をはじめ事業活動において、資源・エネルギーの節約と効率的使用により、COの排出削減を図り、地球温暖化防止に努める。
  • 3) [循環型社会形成] 資機材・事務用品等の選定や使用の際に環境に配慮し、かつ廃棄における3Rを推進することにより、循環型社会の構築に努める。
  • 4) [汚染予防] 環境への影響度を把握し、環境汚染の未然防止と環境負荷低減に努める。
  • 5) [継続的改善] 全社員で環境マネジメントシステムを推進し、定期的な情報収集・分析・発信及び環境監査並びに環境対応活動を行い、継続的な改善に取り組む。
  • 6) [周知] 関係会社・テナント・協力業者に対し、当社環境理念の理解と協力を得られるよう努める。また、環境方針は社外に開示する。

環境活動

環境マネジメントシステムの推進

2007年1月にISO14001認証を取得し、継続的に環境保全と改善を推進しています。
(適用範囲は、本社・BPM本社・BPM新橋支店・BPM日本橋支店ワカ末ビル)

財団法人、日本品質保証機構登録マーク

ISO 14001

JQA:Japan Quality Assurance Organization

UKAS

UKAS:United Kingdom Accreditation Service



1.屋上緑化・壁面緑化の導入

壁面緑化
壁面緑化

屋上緑化
屋上緑化

ヒートアイランド対策と生物多様性の観点から、物産ビルに屋上緑化と壁面緑化を導入しました。


2.環境社会検定(エコピープル)

環境マインド向上を目的に環境社会検定に取り組んでおり、2015年4月時点で134名(延159名)合格し、エコ検定推進企業として登録されています。
また、テナント様等を対象とした講習会等の受験サポートも行っています。


3.エコモデルビルプロジェクトの推進

2010年12月より物産ビル(所在:東京都港区西新橋1-4-14)において本プロジェクトを推進し、以下の成果を挙げました。今後とも、開発・所有ビルの積極的な環境不動産化に取り組んでまいります。


  • ・建物環境評価認証 (CASBEE、LEED® for Commercial Interiors™: LEED-CI、LEED® for Existing Buildings Operations & Maintenance™ : LEED-EBOM)の取得

    (1)CASBEE改修簡易版(2010年版)
    2012年8月31日付 Aランク取得
    (2)LEED‐CI
    2012年9月12日付 Gold取得

    "The LEED® Certification Mark is a registered trademark owned by the U.S. Green Building Council and is used with permission"

    (3)LEED-EBOM
    2012年10月9日付 Platinum取得

    "The LEED® Certification Mark is a registered trademark owned by the U.S. Green Building Council and is used with permission"

  • (4)CASBEE不動産マーケット普及版
    2013年7月31日付 Sクラス取得
  • ・国土交通省「平成23年度第1回住宅・建築物省CO2先導事業」に採択
  • オーナーの皆様へ
  • オフィスビルをお探しのテナント企業の皆様へ
  • テナント店舗のご案内
  • 物産プロパティマネジメント株式会社